WAVEチーム

logo_wave2

WAVEチームは、学生の関心や得意分野を活かし、多用なヒューマンコンピュータインタラクション関係の研究を行っています。現在はタッチインターフェース、スマートフォン等の携帯情報端末向け入出力インターフェース、及びビジュアルプログラミングについての研究を行っています。

図1.WAVEチームのメンバ


研究テーマ例

 

タッチパネル
  • 携帯情報端末上の振動と視覚情報を組み合わせた2段階PIN入力システム (栗原)

電車内等周囲に人が多く居る公共の場では、パスワードを盗み見られる(ショルダーサーフィン)危険があります。そこで、携帯情報端末でショルダーサーフィンされても安全にパスワードを入力する手法の研究をしています。具体的には、携帯情報端末の振動と視覚情報を組み合わせてパスワードを入力します。

  • No-look Flick: アイズフリーな片手かな入力システム (深津)

No-look Flickは、携帯情報端末におけるアイズフリーな片手かな入力システムです。ユーザにはこの文字入力システムを使うことにより、携帯端末の画面を見ずに文字入力することが出来ます。被験者実験の結果、画面を見ない状態でも、33.9文字/秒の入力速度、95.2%の入力精度で文字入力出来ることが分かりました。

  • TouchOver: 大画面を備える携帯情報端末を楽に操作するための片手親指操作手法 (大西)

本研究では、端末を把持した手の親指のみを用いて、スマートフォンを楽に操作する研究です。親指が届かない画面上部を操作出来るようにするため、画面下部にて発生したタッチイベントを画面上部に転送します。これにより、親指の届く画面下部のみを用いて端末の全領域を操作します。

  • タッチパネル端末向け縦型QWERYキーボード (箱田)

タッチパネル端末において、片手親指による入力がしやすいようにデザインされたキーボードです。片手親指による入力特性を事前に調査し、それを基にキーボードの位置を定めています。片手親指によって入力しやすい位置にキーボードを配置しているため、ユーザは親指に負担をかけることなる文字入力を行うことが出来ます。

  • 3点タッチを起動ジェスチャとする範囲選択 (島)

タッチパネル端末において、ユーザはスクリーンをロングタップすることにより、文字列選択等の範囲選択を行う。しかしロングタップは時間がかかるという欠点を有する。そこで我々は、3点タッチを起動ジェスチャとする範囲選択手法を開発した。この手法を用いることにより、素早く範囲選択を行うことが可能である。

ポインティング
  • 携帯型情報端末のベゼルを利用したデータ及びコマンドの空間的配置手法 (黒澤)

携帯端末の画面端を通過する1ストロークのジェスチャにより、データやコマンド等のオブジェクトの配置及び参照を行う手法を示します。この手法により、ユーザは携帯端末の狭い表示領域を保ちつつオブジェクトを空間的に配意することが出来、更に配置したコマンドの連続的実行が可能となります。

その他
  • アクティブ音響センシングを用いたラビッドプロトタイプ作成のためのツールキット (大野)

専門知識を持たない一般の人々が、簡単にタッチセンシティブなデバイスやガジェットをプロトタイピングできるツールきっとを提案します。これは、物体の音響特性を取得するセンサと、機械学習によってタッチを推定するソフトウェア、ScratchやMax/MSPといたビジュアルプログラミングのプラグインから構成されます。

  • スマートフォンの周囲を入力面とする磁気と音響による文字入力手法 (阿部)

小画面のスマートフォンでは、文字入力を行う際にキーを正確に押下出来ない程の問題が発生します。この研究では、スマートフォンの周囲を入力インターフェースとして用いることにより、キー入力の問題を解決すると共に、ペンを用いた直感的な入力インターフェースを提案します。

  • 導電体を用いた接触式複数端末ペアリング手法 (川畑)

2つのタッチパネル端末上に設置することにより人間が触れることなくタッチ検出を行うことが出来るマーカを作成し、これを用いた端末連携システムを作成します。この端末連携システムを用いることにより片方の端末の上に端末を置くだけで通信を行い、端末の相対位置を用いた操作を行うことが出来ます。

 


出版物一覧(非分類版・年度版)

2017年2月27日現在

2017年
  1. Shuta Nakamae, Shumpei Kataoka, Tang Can, Pu Yue, Simona Vasilache, Satoshi Saga, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. BLE-Based Children’s Social Behavior Analysis System for Crime Prevention. Proceedings of 19th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2017), Springer, July 2017. (to appear) (査読付き)
  2. Yuki Kuno and Buntarou Shizuki. Meyboard: A QWERTY-based Soft Keyboard for Touch-typing on Tablets. Proceedings of 19th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2017), Springer, July 2017. (to appear) (査読付き)
  3. Ryosuke Takada, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. JoyKey: One Handed Hardware Keyboard with 3×4 Matrix Slide Keys. Proceedings of 19th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2017), Springer, July 2017. (to appear) (査読付き)
  4. Ryosuke Takada, Wei Lin, Toshiyuki Ando, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. A Technique for Touch Force Sensing using a Waterproof Device’s Built-in Barometer. CHI ’17 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’17), Late-Breaking Work, May 2017, 7 pages.(to appear)(査読付き)
  5. Yuki Kubo, Ryosuke Takada, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. SynCro: Context-Aware User Interface System for Smartphone–Smartwatch Cross-Device Interaction. CHI ’17 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’17), Late-Breaking Work, May 2017, 7 pages.(to appear)(査読付き)
  6. Akira Ishii, Takuya Adachi, Keigo Shima, Shuta Nakamae, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. FistPointer: Target Selection Technique using Mid-air Interaction for Mobile VR Environment. CHI ’17 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’17), Video Showcase, May 2017, 1 page.(to appear)(査読付き)
  7. 久保勇貴, 志築文太郎, 田中二郎. ベゼル間の距離の短さを利用した超小型端末向けタッチジェスチャ. 情報処理学会論文誌, Vol. 58, No. 5, 2017年5月.(採録決定済み)(査読付き)
  8. 青山周平, 阿部哲也, 志築文太郎, 田中二郎. 親指の移動量推定に基づくスマートウォッチの片手操作手法. コンピュータソフトウェア, Vol. 34, 2017年5月.(採録決定済み)(査読付き)
  9. 吉田有花, 鶴田真也, 池川航史, 阿部哲也, 志築文太郎, 田中二郎. 静電容量に基づくブロックシステム. コンピュータソフトウェア, Vol. 34, 2017年5月.(採録決定済み)(査読付き)
2016年
  1. 青山周平, 川畑裕也, 駒田悠, 明神優, Zhang Yunze, 橋本悠希, 志築文太郎. 積層漆回路を用いたタッチインタフェースの検討. 情報処理学会第79回全国大会講演論文集, 情報処理学会, 2017年3月, 2 pages.(to appear)
  2. 池川航史, 中前秀太, 志築文太郎. 磁気計測に基づき構造認識を行うブロックシステム. インタラクション2017論文集DVD-ROM.(to appear)
  3. 川畑裕也, 志築文太郎, 高橋伸. SwipeMarker: 静電容量方式マルチタッチパネルにおけるスワイプ操作を用いたマーカ. 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-HCI-171, No. 22, 情報処理学会, 2017年1月, 7 pages.
  4. 島佳吾, 志築文太郎, 高橋伸. タッチパネル端末におけるオブジェクト操作のためのマルチタッチジェスチャの評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-HCI-171, No. 23, 情報処理学会, 2017年1月, 8 pages.
  5. 山路大樹, 久保勇貴, 杉山慎一郎, 志築文太郎, 高橋伸. プロトタイピングのための紙製タッチセンサの設計及び操作認識プログラムの開発. 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-HCI-171, No. 24, 情報処理学会, 2017年1月, 8 pages.
  6. 高田崚介, 志築文太郎, 高橋伸. 導電繊維編み込み手袋を用いた指の曲げ計測手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-HCI-171, No. 25, 情報処理学会, 2017年1月, 6 pages. (学生奨励賞)
  7. 久保勇貴, 高田崚介, 志築文太郎, 高橋伸. コンテキストに応じたスマートウォッチ・スマートフォン併用時のUIの検討. 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-HCI-171, No. 36, 情報処理学会, 2017年1月, 8 pages.
  8. Akira Ishii and Buntarou Shizuki. Exploring Callout Design in Selection Task for Ultra-small Touch Screen Devices. Proceedings of the 28th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI 2016), ACM, December 2016, pp. 426-434. (査読付き)
  9. 安藤宗孝, 久保勇貴, 志築文太郎, 高橋伸. MimiSense: 外耳道内の気圧変化を利用した下顎運動認識システム. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, pp. 1-6. (査読付き)
  10. 石井晃, 阿達拓也, 島佳吾, 中前秀太, 志築文太郎, 高橋伸. FistPointer:モバイルVR環境のための空中操作を用いたターゲット選択手法. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, pp. 9-14. (査読付き)
  11. 高田崚介, 林威, 安藤宗孝, 志築文太郎, 高橋伸. BaroTouch:防水タッチパネル端末に内蔵された気圧センサを用いた押下圧力取得手法. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, pp. 17-22. (査読付き)
  12. 久保勇貴,高田崚介,志築文太郎, 高橋伸. コンテキストに基づくスマートウォッチ及びスマートフォンを用いたクロスデバイスインタラクション. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, pp. 205-206.
  13. Masaya Tsuruta, Shuta Nakamae, and Buntarou Shizuki. RootCap: Touch Detection on Multi-electrodes using Single-line Connected Capacitive Sensing. Proceedings of the 2016 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016), November 2016, pp. 23-32. (査読付き)
  14. Koshi Ikegawa, Masaya Tsuruta, Tetsuya Abe, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Lightweight Capacitance-based Block System for 3D Space Interaction. Proceedings of the 2016 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016), November 2016, pp. 307-312.(査読付き)
  15. Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Watch Commander: A Gesture-based Invocation System for Rectangular Smartwatches using B2B-Swipe. In Adjunct Proceedings of the 29th Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST ’16 Adjunct), October 2016, pp. 37-39. (査読付き)
  16. 高田崚介, 林威, 安藤宗孝, 志築文太郎, 高橋伸. 防水タッチパネル端末に内蔵された気圧センサを用いたタッチ圧力取得手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-169, No. 10, 情報処理学会, 2016年8月, 7 pages.
  17. 石井晃, 阿達拓也, 島佳吾, 中前秀太, 志築文太郎, 高橋伸. 携帯端末背面における空中ジェスチャを用いたターゲット選択手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-169, No. 11, 情報処理学会, 2016年8月, 8 pages.
  18. Masaya Tsuruta, Shuhei Aoyama, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Hover Detection using Active Acoustic Sensing. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part II, LNCS 9732, Springer, July 2016, pp. 104-114. (査読付き)
  19. Yuya Kawabata, Daisuke Komoriya, Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Effects of Holding Ring Attached to Mobile Devices on Pointing Accuracy. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part II, LNCS 9732, Springer, July 2016, pp. 309-319. (査読付き)
  20. Akira Ishii, Tetsuya Abe, Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Evaluation of a System to Analyze Long Term Images from a Stationary Camera. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part VI, LNCS 9734, Springer, July 2016, pp. 275-286. (査読付き)
  21. Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. QAZ Keyboard: QWERTY based Portrait Soft Keyboard. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part XVIII, LNCS 9748, Springer, July 2016, pp. 24-35. (査読付き)
  22. Buntarou Shizuki. Sensing Grasp Force using Active Acoustic Sensing. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016) – Posters’ Extended Abstracts, Part I, CCIS 617, Springer, July 2016, pp. 382-387. (査読付き)
  23. 高田崚介, 志築文太郎, 高橋伸. キーボード上における2つのキーの連続押下を開始符号とする操作手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-168, 情報処理学会, 2016年6月, 6 pages.
  24. Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. B2B-Swipe: Swipe Gesture for Rectangular Smartwatches from a Bezel to a Bezel. Proceedings of the 34th Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2016), ACM, May 2016, pp. 3852-3856. (short paper) (査読付き)
  25. Akira Ishii, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Evaluation of Callout Design for Ultra-small Touch Screen Devices. CHI ’16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’16), ACM, May 2016, pp. 2511-2518. (査読付き)
  26. Tetsuya Abe, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Input Techniques to the Surface around a Smartphone using a Magnet Embedded in a Pen-shaped Device. CHI ’16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’16), ACM, May 2016, pp. 2395-2402. (査読付き)
  27. Keigo Shima, Kazusa Onishi, Ryosuke Takada, Takuya Adachi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Investigating Accuracy of Tilting Operation on Wrist-worn Devices with Touchscreens. CHI ’16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’16), ACM, May 2016, pp. 2705-2711. (査読付き)
  28. Shuhei Aoyama, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. ThumbSlide: An Interaction Technique for Smartwatches using a Thumb Slide Movement. CHI ’16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’16), ACM, May 2016, pp. 2403-2409. (査読付き)
  29. Ryosuke Takada, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. MonoTouch: Single Capacitive Touch Sensor that Differentiates Touch Touch Gestures. CHI ’16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’16), ACM, May 2016, pp. 2736-2743. (査読付き)
2015年
  1. 大西主紗, 志築文太郎, 田中二郎. 大画面を備える携帯情報端末を安定して操作するための片手親指操作手法. コンピュータソフトウェア, Vol. 33, No. 1, 2016年2月, pp. 78-90.(査読付き)
  2. 石井晃, 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. Flickey:超小型タッチスクリーン端末におけるフリックに基づくQWERTYキーボード. インタラクション2016論文集, 情報処理学会, 2016年3月, 9 pages, pp. 80-88. (査読付き)
  3. 島佳吾, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル端末におけるオブジェクト選択のためのマルチタッチ操作. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 493-498.
  4. 明神優, 橋本悠希, 志築文太郎, 花田信子, 山口佳樹. 漆の美しさや質感を保った漆回路の開発. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 519-521. (インタラクティブ発表賞(一般投票))
  5. 阿達拓也, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯端末の背面空間におけるハンドジェスチャによるポインティング手法. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 588-591.
  6. 高田崚介, 山路大樹, 夛田一貴, 早川悠, 鶴田真也, 志築文太郎, 田中二郎. PINCH: ハンガー型屋外干し支援システム. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 855-858.
  7. Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Back-of-Device Interaction based on the Range of Motion of the Index Finger. Proceedings of the 27th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI 2015), ACM, December 2015, pp. 202-206. (short paper) (査読付き)
  8. Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Capacitive Blocks: A Block System that Connects the Physical with the Virtual using Changes of Capacitance. Adjunct Proceedings of the 28th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST ’15 Adjunct), November 2015, pp. 85-86. (査読付き)
  9. Keigo Shima, Ryosuke Takada, Kazusa Onishi, Takuya Adachi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. AirFlip-Undo: Quick Undo using a Double Crossing In-Air Gesture in Hover Zone. Adjunct Proceedings of the 28th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST ’15 Adjunct), November 2015, pp. 97-98. (査読付き)
  10. Hiroyuki Hakoda, Takuro Kuribara, Keigo Shima, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. AirFlip: A Double Crossing In-Air Gesture Using Boundary Surfaces of Hover Zone for Mobile Devices. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 44-53. (査読付き)
  11. 吉田有花, 志築文太郎, 田中二郎. Capacitive Blocks: 静電容量に基づくブロックシステム. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 1-7. (査読付き)
  12. 青山周平, 阿部哲也, 志築文太郎, 田中二郎. ThumbSlide: 親指スライドジェスチャによるスマートウォッチ操作手法. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 79-84. (対話発表賞) (査読付き)
  13. 久保勇貴, 志築文太郎, 田中二郎. B2B-Swipe:超小型タッチパネル端末のためのベゼルからベゼルへのスワイプジェスチャ. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 85-90. (査読付き)
  14. 高田崚介, 志築文太郎, 田中二郎. MonoTouch:複数ジェスチャ判別が可能な単一電極タッチセンサ. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 91-96. (査読付き)
  15. 大西主紗, 高田崚介, 島佳吾, 阿達拓也, 志築文太郎, 田中二郎. 腕に装着した超小型タッチパネル端末に対する傾け操作の精度評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-165, 情報処理学会, 2015年11月, 8 pages.
  16. 高田崚介, 志築文太郎, 田中二郎. MonoTouch:複数ジェスチャ認識が可能な単一電極からなるタッチセンサ. ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集, ヒューマンインタフェース学会, 2015年9月, pp. 49-52. (学術奨励賞)
  17. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Mouse Augmentation Using a Malleable Mouse Pad. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 217-226. (査読付き)
  18. Toshifumi Kurosawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Spatial Arrangement of Data and Commands at Bezels of Mobile Touchscreen Devices. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 227-237. (査読付き)
  19. Kazusa Onishi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Investigation of Transferring Touch Events for Controlling a Mobile Device with a Large Touchscreen. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 250-261. (査読付き)
  20. Daisuke Komoriya, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Task Specific Paper Controller that Can Be Created by Users for a Specific Computer Operation. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part XVI, LNCS 9189, Springer, August 2015, pp. 418-428. (査読付き)
  21. Yuki Hashimoto, Naoya Koizumi, Yu Myojin, Buntarou Shizuki, and Nobuko Hanada. The Urushi Circuit – Use of a Traditional Craft Material for HCI -. Proceedings of ACM CHI 2015 Symposium on Emerging Japanese HCI Researches Collection, April 2015, 8 pages. (査読付き)
  22. 石井晃, 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. Flickey: 超小型タッチパネル端末におけるフリック操作を活用したQWERTYキーボード. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-164, 情報処理学会, 2015年8月, 8 pages. (学生奨励賞)
  23. 阿部哲也, 箱田博之, 石井晃, 志築文太郎, 田中二郎. 長期定点カメラ映像の分析支援システムの評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-164, 情報処理学会, 2015年8月, 7 pages.
  24. 黒澤敏文, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末上のスワイプ方向に着目したタッチジェスチャUI. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-163, 情報処理学会, 2015年5月, 10 pages.
  25. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HoverLink: Joint Interactions using Hover Sensing Capability. CHI ’15 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’15), April 2015, pp. 1651-1656. (査読付き)
2014年
  1. 大野誠, 志築文太郎, 田中二郎. ブロック玩具に対する能動的音響計測を用いたプロトタイピング. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 960-963.
  2. 大野誠, 深津佳智, 木下覚, 三浦忠善, 嵯峨智, 志築文太郎, 田中二郎. コロコロプラグ:長さを測れるイヤホンジャックアクセサリ. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 872-873.
  3. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 大型マルチタッチテーブルトップ向けの4本指シェイクを用いた仮想マウス. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 917-920.
  4. 深津佳智, 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末背面での穴を用いた操作手法. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 680-681.
  5. 阿部哲也, 志築文太郎, 田中二郎. スマートフォンの周囲を入力面とする磁気に基づく数字入力手法. 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, Vol. 4, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 295-296. (学生奨励賞)
  6. 川畑裕也, 志築文太郎, 田中二郎. 2つの静電容量式マルチタッチパネル間の静電結合を用いた端末連携システム. 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, Vol. 4, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 291-292. (学生奨励賞)
  7. 吉田有花, 志築文太郎, 田中二郎. 粘土を用いた2次元モデリング手法の提案. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-162, 情報処理学会, 2015年3月, 5 pages.
  8. Makoto Ono, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Sensing Touch Force using Active Acoustic Sensing. Proceedings of the 9th International Conference on Tangible, Embedded and Embodied Interaction (TEI 2015), ACM, January 2015, pp. 355-358. (demonstration presentation) (査読付き)
  9. 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. QAZキーボード:タッチパネル端末向け縦型QWERTYキーボード. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 85-90.(査読付き)
  10. 大西主紗, 志築文太郎, 田中二郎. TouchOver:大画面を備える携帯情報端末を楽に操作するための片手親指操作手法. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 91-96. (査読付き)
  11. 黒澤敏文, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末の片手操作時におけるスワイプ方向に基づくインタラクション手法. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 219-220.
  12. 栗原拓郎, 箱田博之, 島佳吾, 志築文太郎, 田中二郎. AirFlip:モバイル端末におけるホバー検出領域のダブルクロッシングジェスチャ. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 199-200.
  13. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. ホバー機能に基づくモバイル端末向け連携インタラクション. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-160, 情報処理学会, 2014年10月, 7 pages.
  14. Makoto Ono, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. A Rapid Prototyping Toolkit for Touch Sensitive Objects using Active Acoustic Sensing. Adjunct Proceedings of the 27th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST’14 Adjunct), October 2014, pp. 35-36. (査読付き)
  15. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末上の振動と視覚情報を組み合わせた2段階PIN入力システム. ヒューマンインタフェースシンポジウム2014DVD-ROM論文集, ヒューマンインタフェース学会, 2014年9月, pp. 850-856.
  16. 小森谷大介, 志築文太郎, 田中二郎. タスクに特化された紙状タッチ入力コントローラ. ヒューマンインタフェースシンポジウム2014DVD-ROM論文集, ヒューマンインタフェース学会, 2014年9月, pp. 1033-1040.
  17. 島佳吾, 箱田博之, 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 3点タッチを起動ジェスチャとする範囲選択. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-159, 情報処理学会, 2014年8月, 8 pages.
  18. 栗原拓郎, 三田裕策, 大西主紗, 吉川拓人, 志築文太郎, 田中二郎. HandyScope:引き出しジェスチャによる遠隔地操作手法. コンピュータソフトウェア, Vol. 31, No. 3, 2014年7月, pp. 284-293. (査読付き)
  19. 深津佳智, 箱田博之, 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎. 凹凸付きスマートフォンケースにおけるタッチ精度の評価. コンピュータソフトウェア, Vol. 31, No. 3, 2014年7月, pp. 325-335.
  20. Takuro Kuribara, Yusaku Mita, Kazusa Onishi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HandyScope: A Remote Control Technique using Circular Widget on Tabletops. Proceedings of 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2014), Part II, LNCS 8511, Springer, June 2014, pp. 69-80.(査読付き)
  21. 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎. 付箋メタファに基づくプレゼンテーション設計インタフェースの検討. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-158, 情報処理学会, 2014年5月, 8 pages.
  22. 久野祐輝, 志築文太郎, 田中二郎. キーを指の設置位置とその周囲に配置するソフトウェアキーボード. 情報処理学会論文誌, Vol. 55, No. 4, 2014年4月, pp. 1353-1364.(査読付き)
  23. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. VibraInput: Two-step PIN Entry System based on Vibration and Visual Information. CHI ’14 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’14), April 2014, pp. 2473-2478.(査読付き)
  24. Takuro Kuribara, Takuto Yoshikawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HandyScope: A Remote Control Technique using Pull-out Gesture. CHI ’14 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’14), Video Showcase, p. 175, April 2014.(査読付き)