礒本 俊弥 | Toshiya Isomoto

I'm a 2nd year master's course student Graduate school of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba, Department of Computer Science, advised by Associate Professor Buntaro Shizuki. I was born and raised in Japan. I completed a Bachelor of Science in Media Sciences and Engineering at University of Tsukuba. My research interest is gaze-based interaction such as dwell-based and gesture-based interactions.

Contact

isomoto@iplab.cs.tsukuba.ac.jp

Society

ACM Student Membership
情報処理学会正会員


 

Publications

Refereed Conference Papers

  1. 八箇恭平,礒本俊弥,志築文太郎.ターゲット内に両端が存在するスワイプジェスチャ,第27回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2019),日本ソフトウェア科学会,長野,2019年9月.ロング採択(採択率xx%).[PDF]
  2. Toshiyuki Ando, Toshiya Isomoto, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Press & Tilt: One-handed Text Selection and Command Execution on Smartphone. Proceedings of the 30th Australian Conference on Computer-Human Interaction (OzCHI '18), pp. 401-405, ACM, New York, NY, USA. Melbourne, Australia, December 2018. [PDF]
  3. Toshiya Isomoto, Toshiyuki Ando, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Dwell Time Reduction Technique using Fitts' Law for Gaze-Based Target Acquisition. In Proceedings of the 2018 ACM Symposium on Eye Tracking Research & Applications (ETRA '18), pp. 26:1-26:7, ACM, New York, NY, USA. Warsaw, Poland, June 2018. [PDF]

Refereed Demonstration and Poster Abstracts

  1. Kyohei Hakka, Toshiya Isomoto, Buntarou Shizuki. "One-Handed Interaction Technique for Single-Touch Gesture Input on Large Smartphones". In Proceedings of the ACM Spatial User Interaction 2019 (SUI 2019), New Orleans, USA, October 2019, 2 pages, ACM.
  2. Toshiya Isomoto, Toshiyuki Ando, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Investigation of Midas-touches in Dwell Time Reduction Technique using Fitts' Law for Dwell-Based Target Acquisition. In Proceedings of the 2019 ACM CHI symposia on ASIAN CHI SYMPOSIUM: EMERGING HCI RESEARCH COLLECTION (Asian CHI Symposium 2019), Glasgow, UK, May 2019, 8 pages, ACM.
  3. Toshiyuki Ando, Toshiya Isomoto, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. One-handed Rapid Text Selection and Command Execution Method for Smartphones. In Proceedings of Extended Abstracts of the 2019 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '19), ACM, New York, NY, USA. Glasgow, UK, May 2019. (Acceptance rate 42.2%) [PDF]
  4. Ryosuke Takada, Toshiya Isomoto, Wataru Yamada, Hiroyuki Manabe, and Buntarou Shizuki. ExtensionClip: Touch Point Transfer Device Linking Both Sides of a Smartphone for Mobile VR Environments. In Proceedings of Extended Abstracts of the 2018 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '18), ACM, New York, NY, USA. Montréal, Canada. April 2018. (Acceptance rate 39.8%) [PDF]
  5. Toshiya Isomoto, Akira Ishii, Shuta Nakamae, and Buntarou Shizuki. Target Selection Technique Using Space Below Cardboard VR Goggles. In Proceedings of the 2018 ACM CHI symposia on ASIAN CHI SYMPOSIUM: EMERGING HCI RESEARCH COLLECTION (Asian CHI Symposium 2018), Montréal, Canada, April 2018, 8 pages, ACM.

Demonstration and Poster Abstracts

  1. 川口航平,礒本俊弥,志築文太郎,高橋伸.VR向けの掌上における日本語フリック入力手法の提案.ヒューマンインタフェースシンポジウム2019論文集, ヒューマンインタフェース学会, 京都,2019年9月,pp. xx--yy. [PDF]
  2. 礒本俊弥,山中祥太,志築文太郎.2段階の視線移動を用いたコマンド実行手法.情報処理学会研究報告,Vol.2019-HCI-182 No.30,8 pages,情報処理学会,東京,2019年3月.[PDF]
  3. 高田 崚介,礒本俊弥,山田 渉,真鍋 宏幸,志築文太郎.プロペラを用いた頭部装着型歩行牽引デバイス.第23回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2018,pp. 236-237,情報処理学会,東京,2019年3月.[PDF]
  4. 礒本俊弥,安藤宗孝,志築文太郎.近接センサおよび照度センサを用いたスマートフォンベースHMD向けの操作手法.第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2018),日本ソフトウェア科学会,山梨,2018年9月.[PDF]
  5. 安藤宗孝,礒本俊弥,志築文太郎,高橋伸.ソフトウェアキーボードのキーに基づく文字列操作手法.第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2018),日本ソフトウェア科学会,山梨,2018年9月.(予稿なし)
  6. 安藤宗孝,礒本俊弥,志築文太郎,高橋伸.スマートフォンにおける傾きを利用した文字列操作手法.情報処理学会研究報告,Vol.2018-HCI-179,7 pages,情報処理学会,京都,2018年8月.[PDF]
  7. 礒本俊弥,安藤宗孝,志築文太郎,高橋伸.フィッツの法則に基づく視線を用いたターゲット選択システム.第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2017),日本ソフトウェア科学会,山梨,2017年12月(予稿なし).
  8. 礒本俊弥,宮崎亮一.音声認識システムおよび顔の情報を用いた上肢不自由者のためのテキスト作成アプリケーションの開発.電子情報通信学会技術研究報告, 115(359), 金沢,pp. 59-62, 2015年12月11日.
  9. 礒本俊弥,宮崎亮一.顔の方向情報を用いたテキスト編集補助アプリケーションの開発.第21回日本高専学会年会講演会講演論文集,徳山,P206,2015年8月29(予稿なし).

 

Career

Education

  1. Master of Computer Science (2018 - Present)
    Graduate School of Systems and Information Engineering
    University of Tsukuba
    Advisor: Assoc. Prof. Buntarou Shizuki
  2. Bachelor of Science in Media Sciences and Engineering (2016 - 2018)
    University of Tsukuba
    College of Media Arts, Science and Technolog
  3. English Study Program (August - September, 2013)
    Shafston International College: Brisbane English School
  4. Foundation degree of Engineering (2011 - 2016)
    National Institute of Technology, Tokuyama College
    Department of Computer Science and Electronic Engineering

Intern

  1. Yahoo Japan Corporation (2018/8 - Present)
    Research Intern
    Advisor: Shota Yamanaka


 

Others

Patent

  1. 真鍋宏幸,山田渉,高田崚介,礒本俊弥,志築文太郎
     特願2018-072517(出願中)
  2. 真鍋宏幸,山田渉,高田崚介,礒本俊弥,志築文太郎
     特願2019-142453(出願中)

Scholarship (in Japanese)

  1. 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
     第一種奨学金(貸与型無利子)2016年04月 ~ 2018年03月(大学)
  2. 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
     第二種奨学金(貸与型有利子)2016年04月 ~ 2018年03月(大学)
  3. 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
     第一種奨学金(貸与型無利子)2018年04月 ~ 2020年03月(大学院)
  4. 林レオロジー記念財団
     給付型奨学金 2018年4月 ~ 2020年3月(大学院)

Grant (in Japanese)

  1. 一般社団法人丸文財団 国際交流助成第一期 第23回(2019年度)
  2. 公益財団法人 NEC C&C財団 2018年度前期国際会議論文発表者助成
  3. 筑波大学 システム情報工学研究科 学生の海外研究発表に伴う旅費支援, 2018年04月
  4. 情報メディア創成学類学会発表支援(2017年度)

Exemption

  1. Tution fee at University of Tsukuba (2016) : half exemption in the second semester
  2. Tution fee at University of Tsukuba (2017) : half exemption in the first and second semesters
  3. Tution fee at University of Tsukuba (2018) : half exemption in the first and second semesters
  4. Tution fee at University of Tsukuba (2019) : half exemption in the first semester

Awards

  1. 情報処理学会 第182回HCI研究会 学生奨励賞(March, 2019)【発表34件中4件】
  2. 筑波大学情報学群情報メディア創成学類長表彰(March, 2018)
    University of Tsukuba, College of Media Arts, Science and Technolog Provost's Award
  3. 第52回全国高等学校生徒英作文コンテスト 入選(March 2013)

Teaching Assistant (in Japanese)

  1. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラム言語論 (2018年度)」
    担当教員:志築文太郎
    2018年04月 ~ 2018年07月
  2. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラミング実習IA (2018年度)」
    担当教員:志築文太郎
    2018年07月 ~ 2018年08月
  3. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラミング実習IB (2018年度)」
    担当教員:志築文太郎
    2018年10月 ~ 2018年11月
  4. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラミング実習II (2018年度)」
    担当教員:金森由博
    2018年11月 ~ 2018年2月
  5. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラム言語論 (2019年度)」
    担当教員:志築文太郎
    2019年04月 ~ 2019年07月
  6. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラミング実習IA (2019年度)」
    担当教員:志築文太郎
    2019年04月 ~ 2019年05月
  7. 筑波大学 情報メディア創成学類 「プログラミング実習IB (2019年度)」
    担当教員:志築文太郎
    2019年05月 ~ 2019年07月

School Activities (in Japanese)

Student Volunteers