[English/Japanese]

Publications

Refereed Journal Articles

  1. Buntarou Shizuki, Masashi Toyoda, Etsuya Shibayama and Shin Takahashi. Smart Browsing among Multiple Aspects of Data-Flow Visual Program Execution, Using Visual Patterns and Multi-Focus Fisheye Views. Journal of Visual Languages and Computing, Vol. 11, No. 5, October 2000, pp. 529-548.

Refereed Domestic Journal Articles

  1. 大西主紗, 志築文太郎, 田中二郎. 大画面を備える携帯情報端末を安定して操作するための片手親指操作手法. コンピュータソフトウェア, Vol. 33, No. 1, 2016年2月, pp. 78-90.
  2. 栗原拓郎, 三田裕策, 大西主紗, 吉川拓人, 志築文太郎, 田中二郎. HandyScope:引き出しジェスチャによる遠隔地操作手法. コンピュータソフトウェア, Vol. 31, No. 3, 2014年7月, pp. 284-293.
  3. 深津佳智, 箱田博之, 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎. 凹凸付きスマートフォンケースにおけるタッチ精度の評価. コンピュータソフトウェア, Vol. 31, No. 3, 2014年7月, pp. 325-335.
  4. 久野祐輝, 志築文太郎, 田中二郎. キーを指の設置位置とその周囲に配置するソフトウェアキーボード. 情報処理学会論文誌, Vol. 55, No. 4, 2014年4月, pp. 1353-1364.
  5. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. GPUを利用したライブ映像パフォーマンス向け映像合成システム. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 4, No. 1, 2011年3月, pp. 76-89.
  6. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. ORCA: 実行トレースと画面変化の対応を可視化することによるGUIプログラム理解支援システム. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 2, No. 3, 2009年7月, pp. 1-19. (平成21年度コンピュータサイエンス領域奨励賞)
  7. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. GPUを利用したライブ映像パフォーマンス向け映像合成システム. 情報処理学会論文誌プログラミング, Vol. 4, No. 1, 2011年3月, pp. 76-89.
  8. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. ORCA: 実行トレースと画面変化の対応を可視化することによるGUIプログラム理解支援システム. 情報処理学会論文誌プログラミング, Vol. 2, No. 3, 2009年7月, pp. 1-19.
  9. 佐藤大介, 志築文太郎, 三浦元喜, 田中二郎. Popie:フローメニューに基づく日本語入力手法. 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.7, 2006年7月, pp. 2305-2316.
  10. 三浦元喜, 國藤進, 志築文太郎, 田中二郎. デジタルペンとPDAを利用した実世界指向インタラクティブ授業支援システム. 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.9, 2005年9月, pp. 2300-2310.
  11. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. P2P技術を適用した画面転送・遠隔操作システムの開発. 情報処理学会論文誌, Vol.45, No.1, pp. 289-299, 2004年1月.
  12. 亀山裕亮, 飯塚和久, 志築文太郎, 田中二郎. GIGA:空間解析器生成系におけるグラフィカルな文法編集システム. 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.11, pp. 2565-2574, 2003年11月.
  13. 飯塚和久, 亀山裕亮, 志築文太郎, 田中二郎. インクリメンタルな解析による空間解析器の高速化. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol.44, No.SIG13(PRO 18), pp. 100-109, 2003年10月.
  14. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. Webブラウザを利用した文書内挿機能の実現. 情報処理学会論文誌, Vol.43, No.12, pp. 3706-3717, 2002年12月.

Refereed Conference Papers

  1. Akira Ishii and Buntarou Shizuki. Exploring Callout Design in Selection Task for Ultra-small Touch Screen Devices. Proceedings of the 28th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI 2016), ACM, December 2015. (to appear)
  2. Masaya Tsuruta, Shuta Nakamae, and Buntarou Shizuki. RootCap: Touch Detection on Multi-electrodes using Single-line Connected Capacitive Sensing. Proceedings of the 2016 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016), November 2016, pp. 23-32.
  3. Masaya Tsuruta, Shuhei Aoyama, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Hover Detection using Active Acoustic Sensing. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part II, LNCS 9732, Springer, July 2016, pp. 104-114.
  4. Yuya Kawabata, Daisuke Komoriya, Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Effects of Holding Ring Attached to Mobile Devices on Pointing Accuracy. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part II, LNCS 9732, Springer, July 2016, pp. 309-319.
  5. Akira Ishii, Tetsuya Abe, Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Evaluation of a System to Analyze Long Term Images from a Stationary Camera. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part VI, LNCS 9734, Springer, July 2016, pp. 275-286.
  6. Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. QAZ Keyboard: QWERTY based Portrait Soft Keyboard. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Part XVIII, LNCS 9748, Springer, July 2016, pp. 24-35.
  7. Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. B2B-Swipe: Swipe Gesture for Rectangular Smartwatches from a Bezel to a Bezel. Proceedings of the 34th Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2016), ACM, May 2016, pp. 3852-3856. (short paper)
  8. Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Back-of-Device Interaction based on the Range of Motion of the Index Finger. Proceedings of the 27th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI 2015), ACM, December 2015, pp. 202-206. (short paper)
  9. Hiroyuki Hakoda, Takuro Kuribara, Keigo Shima, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. AirFlip: A Double Crossing In-Air Gesture Using Boundary Surfaces of Hover Zone for Mobile Devices. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 44-53.
  10. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Mouse Augmentation Using a Malleable Mouse Pad. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 217-226.
  11. Toshifumi Kurosawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Spatial Arrangement of Data and Commands at Bezels of Mobile Touchscreen Devices. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 227-237.
  12. Kazusa Onishi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Investigation of Transferring Touch Events for Controlling a Mobile Device with a Large Touchscreen. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part II, LNCS 9170, Springer, August 2015, pp. 250-261.
  13. Daisuke Komoriya, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Task Specific Paper Controller that Can Be Created by Users for a Specific Computer Operation. Proceedings of 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Part XVI, LNCS 9189, Springer, August 2015, pp. 418-428.
  14. Yuki Hashimoto, Naoya Koizumi, Yu Myojin, Buntarou Shizuki, and Nobuko Hanada. The Urushi Circuit - Use of a Traditional Craft Material for HCI -. Proceedings of ACM CHI 2015 Symposium on Emerging Japanese HCI Researches Collection, April 2015, 8 pages.
  15. Makoto Ono, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Sensing Touch Force using Active Acoustic Sensing. Proceedings of the 9th International Conference on Tangible, Embedded and Embodied Interaction (TEI 2015), ACM, January 2015, pp. 355-358. (demonstration presentation)
  16. Takuro Kuribara, Yusaku Mita, Kazusa Onishi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HandyScope: A Remote Control Technique using Circular Widget on Tabletops. Proceedings of 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2014), Part II, LNCS 8511, Springer, June 2014, pp. 69-80.
  17. Makoto Ono, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Touch & Activate: Adding Interactivity to Existing Objects using Active Acoustic Sensing. Proceedings of the 26th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST 2013), October 2013, pp. 31-40. (best paper award)
  18. Yoshitomo Fukatsu, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. No-look Flick: Single-handed and Eyes-free Japanese Text Input System on Touch Screens of Mobile Devices. Proceedings of the 15th International Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services (MobileHCI 2013), ACM, August 2013, pp. 161-170.
  19. Takuto Yoshikawa, Yuusaku Mita, Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. A Remote Pointing Technique using Pull-out. Proceedings of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013), Part IV, LNCS 8007, Springer, July 2013, pp. 416-428.
  20. Yoshitomo Fukatsu, Tatsuhito Oe, Yuki Kuno, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Evaluation of Effects of Textures Attached to Mobile Devices on Pointing Accuracy. Proceedings of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013), Part XXXIII, LNCS 8012, Springer, July 2013, pp. 255-263
  21. Tatsuhito Oe, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Undo/Redo by Trajectory. Proceedings of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013), Part IV, LNCS 8007, Springer, July 2013, pp. 712-721.
  22. Anna Noguchi, Toshifumi Kurosawa, Ayaka Suzuki, Yuichiro Sakamoto, Tatsuhito Oe, Takuto Yoshikawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Evaluation of a Soft-Surfaced Multi-Touch Interface. Proceedings of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013), Part IV, LNCS 8007, Springer, July 2013, pp. 469-478.
  23. Yuki Kuno, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Long-Term Study of a Software Keyboard that Places Keys at Positions of Fingers and their Surroundings. Proceedings of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013), Part V, LNCS 8008, Springer, July 2013, pp. 72-81.
  24. Toshifumi Kurosawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Keyboard Clawing: Input Method by Clawing Key Tops. Proceedings of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013), Part IV, LNCS 8007, Springer, July 2013, pp. 272-280.
  25. Buntarou Shizuki, Hiroshi Hosobe. Toward Visual Analytics of Unlinked Documents by Textual Analysis and Network Visualization. Proceedings of the 17th International Conference on Information Visualisation (IV13), IEEE/Computer Society Press, July 2013, pp. 227-231.
  26. Takuto Yoshikawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HandyWidgets: Local Widgets Pulled-out from Hands. Proceedings of the ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces (ITS 2012), November 2012, pp. 197-200. (note)
  27. Ryoji Nogami, Buntarou Shizuki, Hiroshi Hosobe, and Jiro Tanaka. An Exploratory Analysis Tool for a Long-Term Video from a Stationary Camera. Proceedings of the 5th IEEE International Symposium on Monitoring & Surveillance Research (ISMSR 2012), Vol. 2, November 2012, pp. 32-37.
  28. Tatsuhito Oe, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Scan Modeling: 3D Modeling Techniques using Cross Section of a Shape. Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2012), ACM, August 2012, pp. 243-250.
  29. Buntarou Shizuki, Yuichi Murata, and Jiro Tanaka. Sharing Digital and Physical Contents on and above Distributed Surfaces using Active Infrared Keying. Proceedings of the Eighteenth International Conference on Distributed Multimedia Systems (DMS 2012), August 2012, pp. 42-47.
  30. Yuichiro Sakamoto, Takuto Yoshikawa, Tatsuhito Oe, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Constructing an Elastic Touch Panel with Embedded IR-LEDs using Silicone Rubber. Proceedings of IADIS International Conference Interfaces and Human Computer Interaction 2012 (IHCI 2012), July 2012, pp. 263-268.
  31. Atsutomo Kobayashi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Data Unification on a Dataflow Language for VJing. Presented in International Workshop on Visual Languages and Computing (VLC2011). Proceedings of the Seventeenth International Conference on Distributed Multimedia Systems, August 2011, pp. 268-273.
  32. Gimpei Kimioka, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Niboshi for Slate Devices: A Japanese Input Method using Multi-touch for Slate Devices. Proceedings of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), Part II, LNCS 6762, Springer, July 2011, pp. 81-89.
  33. Yuichi Murata, Kazutaka Kurihara, Toshio Mochizuki, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Design of Shadows on the OHP Metaphor-Based Presentation Interface Which Visualizes a Presenter's Actions. Proceedings of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), Part II, LNCS 6762, Springer, July 2011, pp. 557-564.
  34. David Nemeskey, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. OntoDesk: Ontology-based Persistent System-wide Undo on the Desktop. Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009) (LNCS 5610), Springer, July 2009, pp. 890-899.
  35. Atsutomo Kobayashi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. ImproV: A System for Improvisational Construction of Video Processing Flow. Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009) (LNCS 5613), Springer, July 2009, pp. 534-542.
  36. Masaki Naito, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka, and Hiroshi Hosobe. Interaction Techniques using a Spherical Cursor for 3D Targets Acquisition and Indicating in Volumetric Displays. Proceedings of the 13th International Conference on Information Visualisation (IV09), IEEE/Computer Society Press, July 2009, pp. 607-612.
  37. Tatsuya Sato, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Support for Understanding GUI Programs by Visualizing Execution Traces Synchronized with Screen Transitions. Proceedings of the 16th IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC2008), June 2008, pp. 270-273.
  38. Se Wang Seo, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Clutching and Layer-switching: Interaction Techniques for Projection-phone. Proceedings of the 21st Symposium on Human Factors in Telecommunication (HFT2008), March 2008, pp. 247-254.
  39. Takaomi Hisamatsu, Buntarou Shizuki, Shin Takahashi, and Jiro Tanaka. A novel click-free interaction technique for large-screen interfaces. Proceedings of the 7th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2006), October 2006, 10 pages (CD-ROM). (best student paper award)
  40. Buntarou Shizuki, Takaomi Hisamatsu, Shin Takahashi, and Jiro Tanaka. Laser Pointer Interaction Techniques using Peripheral Areas of Screens. Proceedings of the international working conference on Advanced Visual Interfaces (AVI2006), May 2006, pp. 95-98. (short paper, poster presentation)
  41. Takumi Kobayashi, Kazuo Misue, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Information Gathering Support Interface by the Overview Presentation of Web Search Results. Proceedings of Asia Pacific Symposium on Information Visualization 2006 (APVIS2006), February 2006, pp. 103-108.
  42. Tomoyuki Hansaki, Buntarou Shizuki, Kazuo Misue, and Jiro Tanaka. FindFlow: Visual Interface for Searching Information while Confirming Intermediate Results. Proceedings of Asia Pacific Symposium on Information Visualization 2006 (APVIS2006), February 2006, pp. 147-152.
  43. Shigaku Iwabuchi, Buntarou Shizuki, Kazuo Misue, and Jiro Tanaka. Natural Storage in Human Body. Proceedings of 9th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems (KES2005) Part IV (LNCS 3684), Springer-Verlag, September 2005, pp. 430-436.
  44. Motoki Miura, Susumu Kunifuji, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Augmented Classroom: A Paper-Centric Approach for Collaborative Learning System. Proceedings of the 2nd International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS2004), November 2004, pp. 57-64.
  45. Motoki Miura, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. comDesk: A Cooperative Assistance Tool based on P2P Techniques. Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems (KES2004), LNAI 3214, Part II, Springer-Verlag, September 2004, pp. 883-890.
  46. Hiroaki Kameyama, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Developing the Graphical Definition System for Spatial Parser Generator. Proceedings of the 8th International Conference on Information Visualisation (IV04), IEEE/Computer Society Press, July 2004, pp.221-226.
  47. Toshiyuki Okamura, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Execution Visualization and Debugging in Three-Dimensional Visual Programming. Proceedings of the 8th International Conference on Information Visualisation (IV04), IEEE/Computer Society Press, July 2004, pp. 167-172.
  48. Buntarou Shizuki, Kazuhisa Iizuka, and Jiro Tanaka. Framework for Interpreting Handwritten Strokes using Grammars. Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004), LNCS 3101, Springer-Verlag, June 2004, pp. 409-419.
  49. Daisuke Sato, Buntarou Shizuki, Motoki Miura, and Jiro Tanaka. Menu-selection-based Japanese Input Method with Consonants for Pen-based Computers Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004), LNCS 3101, Springer-Verlag, June 2004, pp. 399-408.
  50. Motoki Miura, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka. inlineLink: Realization of Inline Expansion Link Methods on a Conventional Web Browser. Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004), LNCS 3101, Springer-Verlag, June 2004, pp. 272-282.
  51. Buntarou Shizuki, Hideto Yamada, Kazuhisa Iizuka, and Jiro Tanaka. A Unified Approach for Interpreting Handwritten Strokes using Constraint Multiset Grammars. Proceedings of the 2003 IEEE Symposium on Human-Centric Computing Languages and Environments (HCC '03), October 2003, pp. 180-182. (technote)
  52. Motoki Miura, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. A Framework for Transferring Desktop Images and Remote Operations in Multiple Computer Environments. Proceedings of 10th International Conference on Human-Computer Interaction (HIC International 2003), Volume 2, June 2003, pp. 198-202.
  53. Hiroaki Kameyama, Kazuhisa Iizuka, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. GIGA: Graphical Definition of Production Rules in a Spatial Parser Generator. Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2002), November 2002. (CD-ROM)
  54. Buntarou Shizuki, Masato Nakasu, and Jiro Tanaka. VNC-based Access to Remote Computers from Cellular Phones. Proceedings of the IASTED International Conference on Communication Systems and Networks (CSN 2002), September 2002, pp. 74-79.
  55. Buntarou Shizuki, Etsuya Shibayama, and Masashi Toyoda. Static Visualization of Dynamic Data Flow Visual Program Execution. Proceedings of 6th International Conference on Information Visualisation (IV02), IEEE/Computer Society Press, July 2002, pp. 713-718.
  56. Yasutaka Sakayori, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Programming Environment Specified for Describing Interprocessor Communications based on the Operations on Graphical User Interface. Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2002), June 2002, pp. 571-577.
  57. Kazuhiro Iizuka, Jiro Tanaka, and Buntarou Shizuki. Describing a Drawing Editor by Using Constraint Multiset Grammars. Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2001), November 2001, pp. 119-124.
  58. Xuejun Liu, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Dynamic Parameter Spring Modeling Algorithm for Graph Drawing. Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2001), November 2001, pp. 52-57.
  59. Motoki Miura, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. inlineLink: Inline Expansion Link Methods in Hypertext Browsing. Proceedings of the International Conference on Internet Computing (IC2001), Vol. II, June 2001, pp. 653-659.
  60. Etsuya Shibayama, Masashi Toyoda, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Design Issues of Visual Languages for Supporting Software Evolution. Proceedings of the International Symposium on Principles of Software Evolution 2000 (ISPSE2000), IEEE/Computer Society Press, November 2000, pp. 253-260.
  61. Etsuya Shibayama, Masashi Toyoda, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Visual Abstractions for Object-Based Parallel Computing. Object-Oriented Parallel and Distributed Programming, Editions Hermes, January 2000, pp. 113-132.
  62. Etsuya Shibayama, Masashi Toyoda, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. A Pattern-Oriented Parallel Visual Programming Environment. Proceedings of the International Conference on Applications of Prolog (INAP'98), September 1998, pp. 42-49.
  63. Buntarou Shizuki, Masashi Toyoda, Etsuya Shibayama, and Shin Takahashi. Visual Patterns + Multi-Focus Fisheye View: An Automatic Scalable Visualization Technique of Data-Flow Visual Program Execution. Proceedings of 1998 IEEE Symposium on Visual Languages (VL'98), September 1998, pp. 270-277.
  64. Masashi Toyoda, Buntarou Shizuki, Shin Takahashi, Satoshi Matsuoka, and Etsuya Shibayama. Supporting Design Patterns in a Visual Parallel Data-Flow Programming Environment. Proceedings of 1997 IEEE Symposium on Visual Languages (VL'97), September 1997, pp. 76-83.

Refereed Domestic Conference Papers

  1. 安藤宗孝, 久保勇貴, 志築文太郎, 高橋伸. 下顎運動認識システム(仮). 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, 6 pages.(採択決定済み)
  2. 石井晃, 阿達拓也, 島佳吾, 中前秀太, 志築文太郎, 高橋伸. FistPointer:モバイルVR環境のための空中操作を用いたターゲット選択手法. BaroTouch:防水タッチパネル端末に内蔵された気圧センサを用いた押下圧力取得手法. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, 6 pages.(採択決定済み)
  3. 高田崚介, 林威, 安藤宗孝, 志築文太郎, 高橋伸. BaroTouch:防水タッチパネル端末に内蔵された気圧センサを用いた押下圧力取得手法. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, 6 pages.(採択決定済み)
  4. 石井晃, 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. Flickey:超小型タッチスクリーン端末におけるフリックに基づくQWERTYキーボード. インタラクション2016論文集, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 80-88.
  5. 吉田有花, 志築文太郎, 田中二郎. Capacitive Blocks: 静電容量に基づくブロックシステム. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 1-6.
  6. 青山周平, 阿部哲也, 志築文太郎, 田中二郎. ThumbSlide: 親指スライドジェスチャによるスマートウォッチ操作手法. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 79-84. (対話発表賞)
  7. 久保勇貴, 志築文太郎, 田中二郎. B2B-Swipe:超小型タッチパネル端末のためのベゼルからベゼルへのスワイプジェスチャ. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 85-90.
  8. 高田崚介, 志築文太郎, 田中二郎. MonoTouch:複数ジェスチャ判別が可能な単一電極タッチセンサ. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2015年12月, pp. 91-96.
  9. 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. QAZキーボード:タッチパネル端末向け縦型QWERTYキーボード. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 85-90.
  10. 大西主紗, 志築文太郎, 田中二郎. TouchOver:大画面を備える携帯情報端末を楽に操作するための片手親指操作手法. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 91-96.
  11. 栗原拓郎, 三田裕策, 大西主紗, 志築文太郎, 田中二郎. HandyScope:引き出しジェスチャを用いたテーブルトップ用遠隔地操作手法. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2013年12月, pp. 97-102.
  12. 大野誠, 志築文太郎, 田中二郎. アクティブ音響センシングを用いた把持状態認識. インタラクション2013論文集, 情報処理学会, 2013年2月, pp. 56-63. (インタラクティブ発表賞, 平成25年度山下記念研究賞)
  13. 深津佳智, 志築文太郎, 田中二郎. No-look Flick:携帯情報端末のタッチパネルにおけるアイズフリーな片手かな文字入力システム. 第20回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2012年12月, pp. 133-138.
  14. 坂本侑一郎, 吉川拓人, 大江龍人, 志築文太郎, 福本雅朗, 田中二郎. WrinkleSurface: しわを作って入力できる柔らかいマルチタッチインタフェース. 第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2011年12月, pp. 7-12.
  15. 村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎. Shadowgraph: ペンの影を用いてOHP風の指示ができるプレゼンテーションツール. 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2008年11月, pp. 73-78.
  16. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. 実行の可視化システムと連動した統合開発環境によるGUIベースプログラムの理解支援. 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2007年12月, pp. 25-30.
  17. 佐藤大介, 志築文太郎, 田中二郎. ペンの周囲で操作することを可能にするインタフェース. 第12回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, pp. 71-76, 2004年12月.
  18. 志築文太郎, 田中二郎, 飯塚和久. 文法を用いた手書きストローク認識のための枠組み. インタラクション2004論文集, 情報処理学会, pp. 161-168, 2004年3月.
  19. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. 画面転送・遠隔操作に基づくコミュニケーションツールの設計. インタラクション2003論文集, 情報処理学会, pp. 263-270, 2003年2月.
  20. 中須正人, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯電話版VNCシステム. インタラクション2002論文集, 情報処理学会, pp. 217-224, 2002年3月.
  21. 豊田正史, 志築文太郎, 高橋伸, 柴山悦哉. Mochi Sheet: ズーミングとレイアウト編集機能の統合. インタラクション'97論文集, 情報処理学会, pp. 79-86, 1997年2月.
  22. 志築文太郎, 豊田正史, 高橋伸, 柴山悦哉. 並列ビジュアルプログラミング環境KLIEG: プロセスネットワークパターンを利用した、再利用性の向上と実行表示の効率化. インタラクティブシステムとソフトウェアIV, レクチャーノート/ソフトウェア学 16, 近代科学社, pp. 81-90, 1996年12月.

Other Papers

  1. 小原田和也, 志築文太郎, 高橋伸. 筋電位を用いた物体の重さの推定. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-169, No. 9, 情報処理学会, 2016年8月, 5 pages.
  2. 高田崚介, 林威, 安藤宗孝, 志築文太郎, 高橋伸. 防水タッチパネル端末に内蔵された気圧センサを用いたタッチ圧力取得手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-169, No. 10, 情報処理学会, 2016年8月, 7 pages.
  3. 石井晃, 阿達拓也, 島佳吾, 中前秀太, 志築文太郎, 高橋伸. 携帯端末背面における空中ジェスチャを用いたターゲット選択手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-169, No. 11, 情報処理学会, 2016年8月, 8 pages.
  4. 高田崚介, 志築文太郎, 高橋伸. キーボード上における2つのキーの連続押下を開始符号とする操作手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-HCI-168, 情報処理学会, 2016年6月, 6 pages.
  5. 大西主紗, 高田崚介, 島佳吾, 阿達拓也, 志築文太郎, 田中二郎. 腕に装着した超小型タッチパネル端末に対する傾け操作の精度評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-165, 情報処理学会, 2015年11月, 8 pages.
  6. 高田崚介, 志築文太郎, 田中二郎. MonoTouch:複数ジェスチャ認識が可能な単一電極からなるタッチセンサ. ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集, ヒューマンインタフェース学会, 2015年9月, pp. 49-52. (学術奨励賞)
  7. 石井晃, 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. Flickey: 超小型タッチパネル端末におけるフリック操作を活用したQWERTYキーボード. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-164, 情報処理学会, 2015年8月, 8 pages. (学生奨励賞)
  8. 阿部哲也, 箱田博之, 石井晃, 志築文太郎, 田中二郎. 長期定点カメラ映像の分析支援システムの評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-164, 情報処理学会, 2015年8月, 7 pages.
  9. 黒澤敏文, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末上のスワイプ方向に着目したタッチジェスチャUI. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-163, 情報処理学会, 2015年5月, 10 pages.
  10. 阿部哲也, 志築文太郎, 田中二郎. スマートフォンの周囲を入力面とする磁気に基づく数字入力手法. 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, Vol. 4, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 295-296. (学生奨励賞)
  11. 川畑裕也, 志築文太郎, 田中二郎. 2つの静電容量式マルチタッチパネル間の静電結合を用いた端末連携システム. 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, Vol. 4, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 291-292. (学生奨励賞)
  12. 吉田有花, 志築文太郎, 田中二郎. 粘土を用いた2次元モデリング手法の提案. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-HCI-162, 情報処理学会, 2015年3月, 5 pages.
  13. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. ホバー機能に基づくモバイル端末向け連携インタラクション. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-160, 情報処理学会, 2014年10月, 7 pages.
  14. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末上の振動と視覚情報を組み合わせた2段階PIN入力システム. ヒューマンインタフェースシンポジウム2014DVD-ROM論文集, ヒューマンインタフェース学会, 2014年9月, pp. 850-856.
  15. 小森谷大介, 志築文太郎, 田中二郎. タスクに特化された紙状タッチ入力コントローラ. ヒューマンインタフェースシンポジウム2014DVD-ROM論文集, ヒューマンインタフェース学会, 2014年9月, pp. 1033-1040.
  16. 島佳吾, 箱田博之, 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 3点タッチを起動ジェスチャとする範囲選択. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-159, 情報処理学会, 2014年8月, 8 pages.
  17. 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎. 付箋メタファに基づくプレゼンテーション設計インタフェースの検討. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-158, 情報処理学会, 2014年5月, 8 pages.
  18. 黒澤敏文, 久野祐輝, 小森谷大介, 志築文太郎, 田中二郎. タッチUIにおけるボタンの余白の大きさが操作に与える影響. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-156, 情報処理学会, 2014年1月, 7 pages.
  19. 大西主紗, 志築文太郎, 田中二郎. 大画面を備える携帯情報端末における片手ポインティング手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-156, 情報処理学会, 2014年1月, 9 pages.
  20. 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル端末向け縦型QWERTYキーボードの性能評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2014-HCI-156, 情報処理学会, 2014年1月, 7 pages. (学生奨励賞)
  21. 深津佳智, 箱田博之, 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎. 凹凸付きスマートフォンケースにおけるタッチ精度の評価. 日本ソフトウェア科学会第30回大会, 2013年9月, 10 pages.
  22. 三田裕策, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル搭載端末同士を重ねる操作による端末連携手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2013-HCI-154, 情報処理学会, 2013年8月, 7 pages.
  23. 箱田博之, 深津佳智, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル端末における2本指を用いたアイズフリーかな文字入力手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2013-HCI-154, 情報処理学会, 2013年8月, 8 pages.
  24. 大江龍人, 志築文太郎, 田中二郎. Draw-to-Map: 物理コントローラとGUIの対応付け手法. 情報処理学会研究報告, Vol. 2013-HCI-152, 情報処理学会, 2013年3月, 8 pages.
  25. 黒澤敏文, 志築文太郎, 田中二郎. キートップの引っ掻きによる入力手法. 情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2013年3月, pp. 93-94. (学生奨励賞)
  26. 久野祐輝, 大江龍人, 深津佳智, 志築文太郎, 田中二郎. 背面に触感を付与した携帯情報端末におけるタッチ精度の評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-150, 情報処理学会, 2012年11月, 7 pages.
  27. 大江龍人, 志築文太郎, 田中二郎. 軌跡に基づいたundo/redoインタフェース. 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-149, 情報処理学会, 2012年7月, 8 pages. (学生奨励賞)
  28. 深津佳智, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末のタッチパネルにおけるアイズフリーな片手文字入力システム. 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-149, 情報処理学会, 2012年7月, 8 pages.
  29. 三田裕策, 志築文太郎, 田中二郎. カメラ画像に写る物体の位置を利用した AR 注釈対象特定法. マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, 情報処理学会, 2012年7月, pp. 425-432.
  30. 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎. 日本語フリック入力における感情識別の検討. 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-148, 情報処理学会, 2012年6月, 8 pages.
  31. 鈴木文佳, 志築文太郎, 田中二郎. 画面外におけるスタイラスの動作を用いるペイントアプリケーション. 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-146, 情報処理学会, 2012年1月, 7 pages.
  32. 吉川拓人, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル上において指の接触点の関係を活用するメニュー. 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-146, 情報処理学会, 2012年1月, 6 pages.
  33. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. データフロービジュアル言語におけるデータ調整ユーザインタフェース. 日本ソフトウェア科学会第 28 回大会, 2011年9月, 7 pages.
  34. 韮澤賢三, 志築文太郎, 田中二郎. 家計簿の自動記録のための使用金額認識システム. 情報処理学会研究報告, Vol. 2011-HCI-144, 情報処理学会, 2011年7月, 8 pages.
  35. 大江龍人, 志築文太郎, 田中二郎. 輪型入力装置を用いたハンドジェスチャの認識. 情報処理学会研究報告, Vol. 2011-HCI-144, 情報処理学会, 2011年7月, 8 pages.
  36. 大江龍人, 志築文太郎, 田中二郎. わくこん: 3Dモデリングのためのわく型入力装置. 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2011年3月, pp. 213-214. (学生奨励賞)
  37. 鈴木文佳, 志築文太郎, 田中二郎. 画面外におけるスタイラスの動作を用いた入力インタフェース. 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2011年3月, pp. 317-318.
  38. 堀竜慈, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル面に伝わる固体音のSVMを用いた解析によるスポイト操作の実時間認識. 日本ソフトウェア科学会第27回大会講演論文集(CD-ROM), 2010年9月, 7 pages.
  39. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. GPUを利用したライブ映像パフォーマンス向け映像合成システム. 2010 年並列/分散/協調処理に関する『金沢』サマー・ワークショップ(SWoPP金沢2010), 情報処理学会, 2010年8月.
  40. 藤原仁貴, 志築文太郎, 田中二郎. メンバーへのメッセージ送信機能を有する電子行方表. 情報処理学会研究報告, Vol. 2010-HCI-139, 情報処理学会, 2010年7月, 6 pages.
  41. 村田雄一, 栗原一貴, 望月俊男, 志築文太郎, 田中二郎. ペンの影を重畳表示するプレゼンテーションツールにおける影のデザイン. 情報処理学会研究報告, Vol. 2010-HCI-139, 情報処理学会, 2010年7月, 5 pages.
  42. 韮澤賢三, 志築文太郎, 田中二郎. マネーフローコンテキストを利用した携帯家計簿システム. マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, 情報処理学会, 2010年7月, pp. 1166-1174.
  43. 君岡銀兵, 志築文太郎, 田中二郎. マルチタッチを利用した携帯情報端末用日本語入力方式とその評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2010-HCI-138, 情報処理学会, 2010年5月, 6 pages.
  44. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. ウェアラブルコンピューティングにおける情報提示様式の評価. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 3, 2010年3月, pp. 71-72.
  45. 韮澤賢三, 志築文太郎, 田中二郎. Account Reporter: マネーフローコンテキストを用いた購買情報のプッシュ型提示システム. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 3, 2010年3月, pp. 329-330.
  46. 堀竜慈, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル面におけるスポイト操作の認識の実現. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 89-90. (学生奨励賞)
  47. 村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎. 発表者の手元の操作を聴衆に伝えるプレゼンテーションツール. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 91-92.
  48. 君岡銀兵, 志築文太郎, 田中二郎. マルチタッチを利用した携帯端末用日本語入力方式. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 93-94.
  49. 藤原仁貴, 志築文太郎, 田中二郎. 伝言タグを用いて入退室時に行う伝言コミュニケーション. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 191-192.
  50. 大脇佑平, 志築文太郎, 田中二郎. 問いかけに基づく日常活動のアウェアネス支援システムとその評価. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 237-238.
  51. 野上僚司, 志築文太郎, 田中二郎. 過去の状況への気づきを支援するライブカメラ映像提示手法. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 239-240. (学生奨励賞)
  52. 森有司, 志築文太郎, 田中二郎. 粘土と針金による工作を模した三次元モデリングインタフェース. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 297-298. (学生奨励賞)
  53. 内藤真樹, 志築文太郎, 田中二郎. 円筒型マルチタッチインタフェースにおける片手3Dポインティング手法の評価. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2010年3月, pp. 403-404.
  54. 大脇佑平, 志築文太郎, 田中二郎. ユーザへの問いかけに基づく日常活動のアウェアネス支援システム. 第七回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集, 日本創造学会, 2010年2月, 8 pages.
  55. 村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎. SyncSurface:デジタルワークスペースとフィジカルワークスペースを統合し遠隔地間で共有するシステム. 日本ソフトウェア科学会第26回大会講演論文集(CD-ROM), 日本ソフトウェア科学会, 2009年9月, 8 pages.
  56. 藤原仁貴, 志築文太郎, 田中二郎. Rough Selecting: 直接指示とボタン入力を組み合わせたアイコン選択手法. 情報処理学会第71回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2009年3月, pp. 171-172.
  57. 内藤真樹, 志築文太郎, 田中二郎. 赤外線方式タッチパネルにおける接触面積を利用した押し込み操作の基礎検討. 情報処理学会第71回全国大会講演論文集, 情報処理学会, Vol. 4, 2009年3月, pp. 173-174.
  58. 藤原仁貴, 志築文太郎, 田中二郎. リモートポインティングと方向キー操作を組み合わせたアイコン選択手法. 第六回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集, 日本創造学会, 2009年2月, pp. 148-155.
  59. 野上僚司, 志築文太郎, 田中二郎. 人物に関連付けられた物体によるコミュニケーションシステム. 第六回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集, 日本創造学会, 2009年2月, pp. 156-163.
  60. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. ORCA: 実行トレースと画面変化の対応を可視化することによるGUIプログラム理解支援システム. 情報処理学会第72回プログラミング研究会, 情報処理学会, 2009年1月, 17 pages.
  61. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. データフロー図に基づくリアルタイム映像合成システム. 情報処理学会研究報告 2008-HCI-128, 2008年5月, pp. 1-6.
  62. 川井康寛, 志築文太郎, 田中二郎. 動画共有非同期コミュニケーションにおける一体感を向上させるインタフェース. 情報処理学会研究報告 2008-HCI-128, 2008年5月, pp. 31-36.
  63. 軽部孝典, 志築文太郎, 田中二郎. 検索結果のインタラクティブな評価に基づくリランキングインタフェース. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 1, 2008年3月, pp. 489-490.
  64. 徐世旺, 志築文太郎, 田中二郎. プロジェクションフォン向けの画像認識を用いたインタラクション手法. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 4, 2008年3月, pp. 227-228. (学生奨励賞)
  65. 張進, 志築文太郎, 田中二郎. レーザポインタストロークを利用する大画面向けインタラクション手法. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 4, 2008年3月, pp. 231-232.
  66. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. リアルタイム映像パフォーマンス向け映像合成システム. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 4, 2008年3月, pp. 157-158.
  67. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. GUIを持つプログラムの理解支援のための可視化システムのマルチスレッド対応. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 1, 2008年3月, pp. 335-336.
  68. 西本裕貴, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯電話上でコンテキスト依存プログラムを記述するためのビジュアルプログラミング環境. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 4, 2008年3月, pp. 267-268.
  69. 川井康寛, 志築文太郎, 田中二郎. 動画共有に基づいた非同期コミュニケーションの一体感を向上させるインタフェース. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 1, 2008年3月, pp. 715-716.
  70. 内藤真樹, 志築文太郎, 田中二郎. 円筒型マルチタッチインタフェースによるインタラクション. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol. 4, 2008年3月, pp. 209-210. (大会優秀賞)
  71. 内藤真樹, 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. 円筒型マルチタッチインタフェース. 情報処理学会研究報告 2008-HCI-127, 2008年1月, pp. 37-43. (平成20年度山下記念研究賞)
  72. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. GUIを持つプログラムの理解支援のための可視化システム. 日本ソフトウェア科学会第24回大会 CD-ROM, 2007年9月.
  73. Personal Web Archive: Webページのバージョン閲覧支援システム. 若松亮太, 志築文太郎, 田中二郎. 第四回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集, 日本創造学会, 2007年2月, pp. 43-48.
  74. 岩淵志学, 久松孝臣, 高橋伸, 志築文太郎, 三末和男, 田中二郎. 波紋を用いたインターネット上のざわめきの提示手法. 第三回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集, 日本創造学会, 2006年2月, pp. 100-107.
  75. 飯崎智之, 志築文太郎, 三末和男, 田中二郎. 検索過程を確認しながら条件指定が行える検索インタフェース. 人工知能学会第19回全国大会CD-ROM, 2005年6月.
  76. 岩淵志学, 志築文太郎, 田中二郎. 柔らかいストレージ: 体と融合したストレージの提案と実装. 日本ソフトウェア科学会第21回大会CD-ROM, 2004年9月.
  77. 亀山裕亮, 志築文太郎, 田中二郎. 図形文法の定義と実行インタフェースを統合した空間解析器生成系Viola. 日本ソフトウェア科学会第21回大会CD-ROM, 2004年9月.
  78. 三浦元喜, 國藤進, 志築文太郎, 田中二郎. 双方向授業のためのデジタルペンを利用した手書き筆記交換システム. マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2004)シンポジウム論文集, 情報処理学会, pp. 69-72, 2004年7月. (論文賞)
  79. 佐藤大介, 志築文太郎, 田中二郎. メニュー選択に基づく日本語入力手法Popieの候補選択インタフェースの検討. 情報処理学会研究報告 HI-108, pp. 39-46, 2004年5月.
  80. 飯塚和久, 志築文太郎, 田中二郎. 空間解析器における効率的な探索手法. 日本ソフトウェア科学会第20回大会CD-ROM, 2003年9月.
  81. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. PDAとデジタルインクを利用したインタラクティブ授業支援システム. 日本ソフトウェア科学会第20回大会CD-ROM, 2003年9月.
  82. 亀山裕亮, 志築文太郎, 田中二郎. 直接操作を用いたグラフィカルな図形文法編集システム. 日本ソフトウェア科学会第20回大会CD-ROM, 2003年9月.
  83. 佐藤大介, 志築文太郎, 三浦元喜, 田中二郎. ペンによるメニュー選択に基づく日本語入力手法. 日本ソフトウェア科学会第20回大会CD-ROM, 2003年9月.
  84. 飯塚和久, 志築文太郎, 田中二郎. 図形言語処理システムにおける図形エディタと空間解析器の統合. 日本ソフトウェア科学会第18回大会CD-ROM, 2001年9月.
  85. 豊田正史, 志築文太郎, 高橋伸, 柴山悦哉. 並列ビジュアルプログラミング環境KLIEG: プロセスネットワークパターンによる柔軟な再利用機構の導入. 情報処理学会研究報告 96-PRO-6・電子情報通信学会技術研究報告 SS95-46, 1996年3月.
  86. 志築文太郎, 豊田正史, 高橋伸, 柴山 悦哉. ビジュアルプログラムが持つ図形情報を利用した動的プロセスネットワークの可視化手法〜KLIEG VPEにおけるプログラム実行の可視化. 日本ソフトウェア科学会第13回大会論文集, pp. 149-152, 1996年9月.

Demonstration and Poster Abstracts

  1. 久保勇貴,高田崚介,志築文太郎, 高橋伸. コンテキストに基づくスマートウォッチ及びスマートフォンを用いたクロスデバイスインタラクション. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2016年12月, 2 pages.(採択決定済み)
  2. Koshi Ikegawa, Masaya Tsuruta, Tetsuya Abe, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Lightweight Capacitance-based Block System for 3D Space Interaction. Proceedings of the 2016 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016), November 2016, pp. 307-312. (reviewed)
  3. Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, and Shin Takahashi. Watch Commander: A Gesture-based Invocation System for Rectangular Smartwatches using B2B-Swipe. In Adjunct Proceedings of the 29th Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '16 Adjunct), October 2016, pp. 37-39. (curated)
  4. Kazuki Tada, Shin Takahashi, and Buntarou Shizuki. Smart Home Cards: Tangible Programming with Paper Cards. Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing: Adjunct (UbiComp '16), September 2016, pp. 381-384. (curated)
  5. Buntarou Shizuki. Sensing Grasp Force using Active Acoustic Sensing. Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016) - Posters' Extended Abstracts, Part I, CCIS 617, Springer, July 2016, pp. 382-387. (reviewed)
  6. Akira Ishii, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Evaluation of Callout Design for Ultra-small Touch Screen Devices. CHI '16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '16), May 2016, pp. 2511-2518. (juried)
  7. Tetsuya Abe, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Input Techniques to the Surface around a Smartphone using a Magnet Embedded in a Pen-shaped Device. CHI '16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '16), May 2016, pp. 2395-2402. (juried)
  8. Keigo Shima, Kazusa Onishi, Ryosuke Takada, Takuya Adachi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Investigating Accuracy of Tilting Operation on Wrist-worn Devices with Touchscreens. CHI '16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '16), May 2016, pp. 2705-2711. (juried)
  9. Shuhei Aoyama, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. ThumbSlide: An Interaction Technique for Smartwatches using a Thumb Slide Movement. CHI '16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '16), May 2016, pp. 2403-2409. (juried)
  10. Ryosuke Takada, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. MonoTouch: Single Capacitive Touch Sensor that Differentiates Touch Touch Gestures. CHI '16 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '16), May 2016, pp. 2736-2743. (juried)
  11. 島佳吾, 志築文太郎, 田中二郎. タッチパネル端末におけるオブジェクト選択のためのマルチタッチ操作. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 493-498.
  12. 明神優, 橋本悠希, 志築文太郎, 花田信子, 山口佳樹. 漆の美しさや質感を保った漆回路の開発. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 519-521. (インタラクティブ発表賞(一般投票))
  13. 阿達拓也, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯端末の背面空間におけるハンドジェスチャによるポインティング手法. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 588-591.
  14. 高田崚介, 山路大樹, 夛田一貴, 早川悠, 鶴田真也, 志築文太郎, 田中二郎. PINCH: ハンガー型屋外干し支援システム. インタラクション2016論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2016年3月, pp. 855-858.
  15. Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Capacitive Blocks: A Block System that Connects the Physical with the Virtual using Changes of Capacitance. Adjunct Proceedings of the 28th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '15 Adjunct), November 2015. (reviewed) (to appear)
  16. Keigo Shima, Ryosuke Takada, Kazusa Onishi, Takuya Adachi, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. AirFlip-Undo: Quick Undo using a Double Crossing In-Air Gesture in Hover Zone. Adjunct Proceedings of the 28th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '15 Adjunct), November 2015. (reviewed) (to appear)
  17. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HoverLink: Joint Interactions using Hover Sensing Capability. CHI '15 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '15), April 2015, pp. 1651-1656. (juried)
  18. 大野誠, 志築文太郎, 田中二郎. ブロック玩具に対する能動的音響計測を用いたプロトタイピング. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 960-963.
  19. 大野誠, 深津佳智, 木下覚, 三浦忠善, 嵯峨智, 志築文太郎, 田中二郎. コロコロプラグ:長さを測れるイヤホンジャックアクセサリ. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 872-873.
  20. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 大型マルチタッチテーブルトップ向けの4本指シェイクを用いた仮想マウス. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 917-920.
  21. 深津佳智, 箱田博之, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末背面での穴を用いた操作手法. インタラクション2015論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2015年3月, pp. 680-681.
  22. 黒澤敏文, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯情報端末の片手操作時におけるスワイプ方向に基づくインタラクション手法. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 219-220.
  23. 栗原拓郎, 箱田博之, 島佳吾, 志築文太郎, 田中二郎. AirFlip:モバイル端末におけるホバー検出領域のダブルクロッシングジェスチャ. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2014年11月, pp. 199-200.
  24. Makoto Ono, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. A Rapid Prototyping Toolkit for Touch Sensitive Objects using Active Acoustic Sensing. Adjunct Proceedings of the 27th ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '14 Adjunct), October 2014, pp. 35-36.
  25. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. VibraInput: Two-step PIN Entry System based on Vibration and Visual Information. CHI '14 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '14), April 2014, pp. 2473-2478. (juried)
  26. Takuro Kuribara, Takuto Yoshikawa, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. HandyScope: A Remote Control Technique using Pull-out Gesture. CHI '14 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '14), Video Showcase, p. 175, April 2014. (juried)
  27. 黒澤敏文, 志築文太郎, 田中二郎. Bezel Check: ベゼル上におけるダブルクロッシングジェスチャ. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2013年12月, pp. 171-172.
  28. 大江龍人, 志築文太郎, 田中二郎. UnReC:文字入力に基づいたUndo/Redo. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2013年12月, pp. 187-188.
  29. 深津佳智, 志築文太郎, 田中二郎. SmarTrackBall:スマートフォンのアウトカメラを用いたトラックボール. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2013年12月, pp. 191-192.
  30. 高井啓, 志築文太郎, 田中二郎. 人間の表情を活用するライフログ閲覧. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2013年12月, pp. 193-194.
  31. Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Sinkpad: A Malleable Mouse Pad Consisted of an Elastic Material. CHI '13 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’13), April 2013, pp. 1251-1256. (juried)
  32. 吉川拓人, 三田裕策, 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. 引出しジェスチャを用いた遠隔ポインティング手法の試作. インタラクション2013論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2013年2月, pp. 566-569.
  33. 栗原拓郎, 志築文太郎, 田中二郎. Sinkpad:マウスを沈み込ませて入力できる柔らかいマウスパッド. 第20回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2012年12月, pp. 195-196.
  34. Kenzo Nirasawa, Buntaro Shizuki, and Jiro Tanaka. Analyzing Expenditure History on basis of Location and Time Data Acquired using Expense Recognition Wallet. Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2012), August 2012, pp. 635-636.
  35. Yuki Kuno, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Leyboard: A Software Keyboard that Places Keys at Positions of Fingers and their Surroundings. Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2012), August 2012, pp. 723-724.
  36. 韮澤賢三, 志築文太郎, 田中二郎. 使用金額認識財布を用いたマネーログの記録・編集インタフェース. 第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ, 日本ソフトウェア科学会, 2011年12月. (予稿無し)
  37. Atsutomo Kobayashi, Buntaro Shizuki, and Jiro Tanaka. 3D Direction Display Bracelet for Wearable System. Proceedings of 4th International Workshop on Cybernics (IWC2011) (CD-ROM), 4 pages, March 2011.
  38. Yuichi Murata, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. Shadowgraph II: an Presentation Interface using a Multi-touch Enabled Graphics Tablet. Proceedings of 4th International Workshop on Cybernics (IWC2011) (CD-ROM), 4 pages, March 2011.
  39. 坂本侑一郎, 吉川拓人, 大江龍人, 堀竜慈, 村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎. 赤外線LED埋め込みシリコーンゴムを用いたタッチパネル. インタラクション2011論文集, 情報処理学会, 2011年3月, pp. 715-718.
  40. 野上僚司, 志築文太郎, 細部博史, 田中二郎. 差分画像を用いた定点カメラ映像分析支援インタフェース. インタラクション2011論文集, 情報処理学会, 2011年3月, pp. 523-526.
  41. 野上僚司, 志築文太郎, 田中二郎. 過去の状況への気づきを支援するライブカメラ映像閲覧インタフェース. インタラクション2010論文集, 情報処理学会, 2010年3月, pp 181-184. (査読付き)
  42. 内藤真樹, 志築文太郎, 田中二郎. 円筒型マルチタッチインタフェースにおける公共施設向け3D操作手法. インタラクション2010論文集, 情報処理学会, 2010年3月, pp. 227-230. (査読付き)
  43. 藤原仁貴, 村田雄一, 堀竜慈, 鈴木俊吾, 志築文太郎, 田中二郎. メンバーの習慣を可視化する電子行方表とその評価. インタラクション2010論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2010年3月, 4 pages. (査読付き)
  44. 藤原仁貴, 村田雄一, 堀竜慈, 鈴木俊吾, 志築文太郎, 田中二郎. DOCoCa: 行方履歴を用いてメンバーの習慣を可視化する電子行方表. 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2009年12月, pp. 115-116.
  45. 村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎. OHP メタファに基づく柔軟なスライド提示インタフェース. 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2009年12月, pp. 165-166.
  46. 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎. ImproV:ライブ映像パフォーマンスのための即興的映像合成システム. インタラクション2009論文集DVD-ROM, 情報処理学会, 2009年3月, 2 pages.
  47. Buntarou Shizuki, Masaki Naito, and Jiro Tanaka. Browsing 3D media using Cylindrical Multi-touch Interface. Proceedings of the 2008 IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2008), IEEE/Computer Society Press, December 2008, pp. 489-490.
  48. 佐藤竜也, 村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎. 立つだけインタラクション: 自然に使い方がわかる公共大画面向けインタラクション. 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2008年11月, pp. 143-144.
  49. 西本裕貴, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯端末上でコンテキスト依存プログラムを記述するためのビジュアルプログラミング環境. 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2008年11月, pp. 145-146.
  50. 徐世旺, 志築文太郎, 田中二郎. プロジェクションフォンの大画面表示情報におけるインタラクション手法. 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2007年12月, pp. 131-132.
  51. 軽部孝典, 志築文太郎, 田中二郎. 検索結果のインタラクティブな評価に基づくリランキングインタフェース. 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2007年12月, pp. 133-134.
  52. 川井康寛, 志築文太郎, 高橋伸, 田中二郎. 動画共有に基づいた非同期コミュニケーションの連帯感を向上させるインタフェース. 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2007年12月, pp. 135-136.
  53. 小澤崇記, 志築文太郎, 田中二郎. え〜し〜あ〜る:探しているWebページを過去に閲覧したWebページの中から推測推薦するシステム. 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2007年12月, pp. 141-142.
  54. 中村卓, 佐藤大介, 高橋伸, 志築文太郎, 田中二郎. 手の軌跡とFlowMenuを組み合わせたインタラクション手法. 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, 2007年12月, pp. 181-182.
  55. 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎. GUIを持つプログラムの理解支援のための可視化システム. インタラクション2007論文集, 情報処理学会, 2007年3月, pp. 179-180. (査読付き)
  56. 若松亮太, 志築文太郎, 田中二郎. Personal Web Archive: Webページのバージョン閲覧システム. インタラクション2007論文集, 情報処理学会, 2007年3月, pp. 197-198. (査読付き)
  57. 志築文太郎, 久松孝臣, 高橋伸, 田中二郎. 画面の周囲を利用したレーザポインタ向けインタラクション手法. インタラクション2006論文集, 情報処理学会, 2006年3月, pp. 167-168. (査読付き)
  58. Motoki Miura, Susumu Kunifuji, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka. AirTransNote: Augmented Classrooms with Digital Pen Devices and RFID Tags. Proceedings of IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education (WMTE 2005), pp. 56-58, November 2005. (referred)
  59. 岩淵志学, 志築文太郎, 三末和男, 田中二郎. 見かけ上体内に存在するストレージの利用. インタラクション2005論文集, 情報処理学会, pp.163-164, 2005年3月. (査読付き)
  60. 飯崎智之, 佐藤大介, 志築文太郎, 三末和男, 田中二郎. 検索過程を確認しながら条件指定が行える検索インタフェース. インタラクション2005論文集, 情報処理学会, pp. 189-190, 2005年3月. (査読付き)
  61. 久松孝臣, 岩淵志学, 志築文太郎, 三末和男, 田中二郎. レーザーポインタを利用した大画面のためのインタフェース. インタラクション2005論文集CD-ROM, 情報処理学会, 2005年3月.
  62. 亀山裕亮, 志築文太郎, 田中二郎. Viola: 図式表現を用いたビジュアルシステムの編集・実行システム. インタラクション2005論文集, 情報処理学会, pp. 67-68, 2005年2月. (査読付き)
  63. 佐藤大介, 志築文太郎, 三浦元喜, 田中二郎. ペンによるメニュー選択に基づく子音を用いた日本語入力手法. インタラクション2004論文集, 情報処理学会, pp. 205-206, 2004年3月. (査読付き)
  64. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. Snail system: デジタルペンとPDAを用いた教室内インタラクション支援システム. インタラクション2004論文集, 情報処理学会, pp. 87-88, 2004年3月. (査読付き)
  65. 亀山裕亮, 飯塚和久, 志築文太郎, 田中二郎. GIGA:空間解析器生成系におけるグラフィカルな文法定義システム. 第10回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, pp.151-152, 2002年12月.
  66. 中島佳宏, 志築文太郎, 田中二郎. 携帯電話を用いた計算機遠隔操作のためのマクロ機能. 第10回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, 日本ソフトウェア科学会, pp.137-138, 2002年12月.
  67. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. 複数計算機環境における画面転送操作インタフェース. インタラクション2002論文集, 情報処理学会, pp. 163-164, 2002年3月.
  68. 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎. inlineLink:文書挿入型リンク機能を用いたハイパーテキスト閲覧. インタラクティブシステムとソフトウェアVIII, レクチャーノート/ソフトウェア学 24, 近代科学社, pp. 231-232, 2000年12月.

Articles

  1. 志築文太郎. WISS'97会議報告. コンピュータソフトウェア, Vol. 15, No. 4, pp. 91-95, 1998年7月.

Projects

  1. ソフトウェア工学研究財団 高度情報化支援ソフトウェアシーズ育成事業 2001年度 「インタラクティブなビジュアルシステムのための空間解析器生成系」 (研究代表者)
  2. 先端情報技術研究所 委託研究 1998年度 「並列ビジュアルプログラミング環境KLIEGの利用性の向上に関する研究」 (研究協力者、代表者:柴山悦哉) (成果ソフトウェア:「並列ビジュアルプログラミング環境: KLIEG Version 3.2」 http://www.icot.or.jp/ARCHIVE/Museum/FUNDING/98/catalogue14.html)
  3. 先端情報技術研究所 委託研究 1996〜1997年度 「パターンに基づくビジュアル並列プログラミング環境」 (研究協力者、代表者:柴山悦哉) (成果ソフトウェア:「並列ビジュアルプログラミング環境: KLIEG Version 3.0」 http://www.icot.or.jp/AITEC/FGCS/funding/97/catalogue03.html)
  4. 先端情報技術研究所 委託研究 1995年度 「帰納的な並列記号処理のためのプログラミング環境の開発」 (研究協力者、代表者:佐藤泰介) (成果ソフトウェア:「並列ビジュアルプログラミング環境: KLIEG Version 1.0」 http://www.icot.or.jp/AITEC/FGCS/funding/95/catalogue03.html)

学会活動等(selection)


Buntarou Shizuki(shizuki@cs.tsukuba.ac.jp)