COMMUNICATION チーム

人間の特性について理解し、その知見を活用して高度なインタラクションを実現するシステムのデザインを目指しています。特に、「非言語的情報」に関心を持ち、それらを伝達することで円滑なコミュニケーションを達成するシステムの研究を行っています。

※COMMUNICATIONチームは2020年より活動を開始しました。

研究テーマ例

注視の入出力をインタラクションに用いるスマートスピーカー

既存のスマートスピーカーでは、インタラクションの開始にウェイクワード(OK Google等)が用いられます。一方で、人間同士のインタラクションにおいては相互注視(アイコンタクト)が会話開始の合図になることが知られています。そこで本研究では、ユーザーの注視を検出した際にシステム側からも注視を返して相互注視を成立させ、それと同時にインタラクションを開始するスマートスピーカーを開発しました。

ヒューマノイド型頭部を付与し注視の伝達を行うテレプレゼンスロボット

通常のビデオ通話やディスプレイ回転型のテレプレゼンスロボットでは、相手の注視方向が正しく伝達されないという課題がありました。これにより、何らかの対象物が存在するインタラクションで重要になる共同注視や、話者交代の合図として用いられる相互注視の達成が困難になるという課題が生じていました。そこで本研究では、遠隔参加者の注視方向をヒューマノイド型頭部を用いて提示するテレプレゼンスロボットを開発しました。

光により情報の伝達を可視化するモジュール型玩具

近年、モータや各種センサ等の機能を組み込んだモジュールを組み合わせて遊ぶモジュール型玩具が開発されています。ただし、それらは情報伝達に目に見えない電気信号や無線信号を用いており、小さな子供には理解が困難という課題がありました。そこで本研究では、小さな子供の理解を促すため、モジュール間で伝達される情報を光により可視化するモジュール型玩具を開発しました。

扉型インタフェースを用いた遠隔コミュニケーション支援デバイス

本研究では、扉に関わるコンテキストを持った動作をビデオ通話の発信と応答のインタフェースとして用いるコミュニケーション支援デバイスを提案しました。これにより通話の確立に当たっての負荷が大幅に軽減され、子供や高齢者でも直感的な操作が可能となるとともに、新しいビデオ通話の利用スタイルが生じることも期待されます。