オープンハウス2019

プレゼンテーション
デモ・研究室見学
研究について語る先輩

オープンハウスとは?

オープンハウスとは、研究室見学や研究内容のデモを通じて、研究室のことを皆さんに知ってもらうためのイベントです。 IPLABに少しでも興味のある方はぜひお越しください。


オープンハウス参加のメリット

  • 研究で製作したシステムやアプリケーションを体験できます
  • 先輩に研究室について自由に質問できます
  • 配属希望の方の場合、配属に必要な手続きをその場で行うことができます(詳細は下記)

オープンハウスの内容

  • プレゼンテーション … IPLABについて、また各チームの特徴について説明いたします。
  • デモ、研究室見学 … 研究室(SB1024)にて研究内容の説明、デモを行います。研究室の先輩に質問や相談をすることもできます。

開催日程

各日程とも、研究室説明30分、デモ30分の計1時間程度を予定しています。事前連絡不要、途中入退室可能ですので、お気軽にお越しください。

  • 第1回 : 10/2(水) 18:30~

    • スマートフォンにおけるカーソルを用いた片手操作手法(八箇 | WAVE)
    • スマートフォンにおける押下圧を用いたタップの拡張(池田 | WAVE)
    • 触覚刺激を用いたタイピング学習支援手法(髙倉 | WAVE)
    • 高機能RFIDを用いた研究(市川 | UBIQUITOUS)
    • アクティブ音響センシングによる物体認識手法(小口 | UBIQUITOUS)
  • 第2回 : 10/3(木) 18:30~

    • VR向けの掌上における日本語フリック入力手法(川口 | WAVE)
    • タッチパッド操作拡張のための親指と人差し指の識別手法(中村 | WAVE)
    • ブロック型タンジブルUI(齋藤 | WAVE)
    • 指輪型インタフェース(舩越 | WAVE)
    • 導電性インクを用いた紙上インタフェース(三縄 | WAVE)
  • 第3回 : 10/7(月) 18:30〜

    • 電気インピーダンス法を用いた布型インタフェース(関森 | UBIQUITOUS)
    • 視線に基づくコンピュータの操作手法(礒本 | WAVE)
    • VRにおける図形ジェスチャを用いた物体選択手法(鈴木(翔) | WAVE)
    • 大型ディスプレイにおけるレイキャストによる操作手法(藤田 | WAVE)
    • ブロックを用いた3Dモデリングシステム(清 | WAVE)
  • 第4回 : 10/11(金) 18:30~

    • 外部ディスプレイを用いたスマートフォンの画面拡張手法(漆山 | WAVE)
    • 片手操作時の端末背面における人差し指を用いたタッチ入力拡張手法(清 | WAVE)
    • GANを用いた触覚刺激生成手法(我妻 | UBIQUITOUS)
    • VR向け立体キーボード(栁原 | WAVE)
    • 電気インピーダンス法を用いた布型インタフェース(鈴木(雄) | UBIQUITOUS)
※デモ内容等の詳細は随時更新いたします.

開催場所

総合研究棟B 10階 1014室、1024室

はじめは1014室にお越しください。


指導教員


募集人数

情報科学類 4名
情報メディア創成学類 5名

※情報メディア創成学類に所属の学生は,WAVE チーム,COMMUNICATION チームのみの募集となります.

IPLABへの配属を希望される方へ

IPLABへの配属を希望される場合、事前に先生との面談をして頂く必要があります。第2・第3志望としてIPLABを考えているという方も、ひとまず面談されておくことをお勧めします。

面談を希望される方は、下記のメールテンプレートの内容をメール本文に記し、下記の連絡先にお送りください。先生との面談予定を取次ぎいたします。また、メールではなくオープンハウスなどの場で研究室の学生に伝えて頂くことも可能です。


メールテンプレート

---------
・名前

・面談したい先生(複数の先生と可能です)

・希望するチーム

・興味のある研究テーマ、やりたいことなど

・面談可能な日時(1週間分)
---------
              

基本的に送信元のメールアドレスに返信いたしますが、都合が悪い場合は返信先のメールアドレスも記載してください。


連絡先

IPLAB Openhouse2019 統括:情報メディア創生学類 B4 高倉 礼

Email : takakura[at]iplab.cs.tsukuba.ac.jp

※ [at]を@に置き換えてください